豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸バッグはどこに入れるの?

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸バッグはどこに入れるの?

 

豊胸手術というと人工乳腺バッグ挿入法やヒアルロン酸注入法、脂肪注入法などがあります。

 

特にポピュラーな豊胸手術が、人工乳腺バッグ挿入法です。

 

人工乳腺バッグ挿入法は、豊胸バッグをバストに挿入することでバストアップさせる豊胸手術になります。

 

豊胸バッグをどこに挿入するかによっても、豊胸手術後のバストの仕上がりが異なります。

 

豊胸バッグの挿入する場所は、2種類あります。

 

1つめは、大胸筋の下に豊胸バッグを挿入する「大胸筋下豊胸手術」という方法です。

 

乳腺があまり発達していない方や痩せている体型の方に向いていると言われています。

 

乳腺が発達されている方や皮下脂肪が多い方が、大胸筋下豊胸手術の方法で豊胸手術をすると豊胸バッグを挿入したところに段差が出来てしまい、不自然になってしまうという報告があります。

 

しかし、深い場所に挿入するため、触り心地が自然というメリットがあります。

 

2つめは、乳腺の下に豊胸バッグを挿入する「乳腺下豊胸手術」という方法です。

 

乳腺下ということで触った時に、豊胸バッグが浮き出てしまうことがあるようです。

 

そのため、皮下脂肪が多い方や乳腺が発達している方、バストが垂れてしまった、というお悩みがある方に向いています。

 

乳腺下というと、将来授乳することができるのか心配になる方もいらっしゃると思いますが、乳腺を傷つけることはありませんので問題はありません。

 

どちらの方法にするかは、しっかり医師と相談し、自分にあった方法を選択しましょう。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.