豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸手術の傷跡って残るの?

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸手術の傷跡って残るの?

 

豊胸手術は、短期間でバストアップが確実に出来る方法ということで人気のバストアップ法です。

 

とはいえ、簡単に豊胸手術を受けるという方は少ないでしょう。

 

豊胸手術を受けるには、高額な費用が必要な上、副作用や後遺症を心配されている、豊胸手術を受けたことを知られたくないなど、人それぞれの悩み事や心配事があります。

 

豊胸手術の技術は、日々進化しています。

 

従来より安い費用で受けられる豊胸手術の種類が増えたり、副作用・後遺症に幅広く対応することが出来るようになっています。

 

豊胸手術を受けた傷跡についても、技術の進化により随分目立たなくなりました。

 

豊胸手術というと、人工乳腺バッグ挿入法やヒアルロン酸注入法、脂肪注入法などがポピュラーな豊胸手術の種類になります。

 

ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法は、メスを一切使用せず、注射による注入なので傷跡はほとんど目立ちません。

 

人工乳腺バッグ挿入法は、人工乳腺バッグと呼ばれるバッグをバストに挿入するため、脇の下や乳房下を3〜4センチ切開します。

 

ほとんどのクリニックは、腋窩切開と呼ばれる脇の下の切開を行っています。

 

脇の下なので傷跡が目立ちにくいと言われますが、夏場などはノースリーブなどを着ることが多い女性にとっては、傷跡を気にされる方もいらっしゃいます。

 

傷跡は、半年くらいで赤みが引いて目立たなくなると言われていますが、中には赤みが引かず、注射によって傷を目立たなくさせたり、修正手術をするなどの方法を行った方もいらっしゃいます。

 

カウンセリングの時に手術の傷跡についても相談し、傷跡が残るような時の処置の仕方も聞いておくと安心でしょう。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.