豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸手術をするデメリット

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸手術をするデメリット

 

バストアップを望む女性にとって、短期間でバストアップできる豊胸手術を考えているという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、どんな手術でもリスクはあります。

 

もちろん、豊胸手術にもデメリットがあります。

 

豊胸手術には、人工乳腺バッグ挿入法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法など様々な方法があります。

 

人工乳腺バッグ挿入法では、バッグを異物として認識し拒絶したり、バッグがバストの中で破裂し副作用がでたりという失敗例が報告されています。

 

レントゲン撮影でもバッグが移ってしまうということも、デメリットの1つですね。

 

また脂肪注入法では、脂肪がバストに定着しないということも少なくないようです。

 

脂肪が硬くなり、シコリと勘違いすることもあります。

 

プチ豊胸や切らない豊胸手術として人気を集めているヒアルロン酸注入法ですが、効果が1〜2年しか持続しないため、定期的にヒアルロン酸を注入する必要があります。

 

バストアップのために豊胸手術をしたのに、手術後バストの形が悪くなってしまったという方がいるのも事実です。

 

豊胸手術のメリットだけでなく、こうしたデメリットがあるということも、豊胸手術を受ける方はしっかり理解しておく必要があります。

 

そのうえで、信頼できる医師とよく相談し、豊胸手術に望むことをオススメいたします。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.