豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸手術後のトラブル

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸手術後のトラブル

 

豊胸手術は、一昔前に比べると安全性が高くなったといわれています。

 

しかし、100%安全な手術はありません。

 

豊胸手術も、100%安全とはいえません。

 

だからこそ、豊胸手術後のトラブルを知っておく必要があります。

 

豊胸手術後のトラブルとして、よく聞くのが「被膜拘縮」です。

 

被膜拘縮は、挿入した人工乳腺バックを身体が異物と認識したために、バックの回りに固い膜を作ってしまうことをいいます。

 

触った時の固さや見た目が不自然などの問題があります。

 

原因は、マッサージが不十分ということもありますが、手術中や術後の出血、感染なども原因になります。

 

また、手術に問題がなくても起こることがあり、原因不明な場合があります。

 

また、本来あるべき人工乳腺バックの位置がずれてしまい、明らかに不自然な形になってしまうというトラブルもあります。

 

特に両側で位置がずれてしまっている場合は、不十分なマッサージによるものが最も多い原因です。

 

他にも、人工乳腺バックを拒絶反応したことによる痺れや痛みや人工乳腺バックの破裂、胸の中に血塊ができたり、胸全体が赤黒く変色するなど、豊胸手術によるトラブルの報告はたくさんあります。

 

短期間でバストアップの夢を叶えてくれる豊胸手術ですが、こうしたトラブルを回避するためには、豊胸手術の実態をしっかり調べることや医師としっかり相談して自分にあった豊胸手術をすることが大切です。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.