豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸手術後のマッサージ

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸手術後のマッサージ

 

豊胸手術後は、マッサージをします。

 

人工乳腺バックを体内に挿入するためにはバックが入るスペースを作る必要があります。

 

そのため、大胸筋下または乳腺下の組織を剥離し、バックが入る十分なスペースを確保します。

 

バックを挿入すると、バックの回りを包み込むようにして、体内で被膜が作られます。

 

これがカプセルやポケットと呼ばれるものです。

 

バストを自然な柔らかさに実現させるためには、ゆったりとしたカプセルを形成することが絶対条件です。

 

よく豊胸手術の失敗例として、カプセル拘縮や被膜拘縮という言葉を聞きませんか?

 

カプセル拘縮とは、人体が体内に入った異物からの防衛機能のために、異物周辺に被膜を形成します。

 

被膜は、異物と判断したものに対し、どんどん締め付けて固めようとする働きがあります。

 

そのため、バストの形が崩れたり固くなってしまうことがあります。

 

このカプセル拘縮を防ぐために、術後のマッサージが必要です。

 

人工乳腺バックの種類によって、マッサージの方法や期間は異なります。

 

人工乳腺バックの表面がざらざらのテクスチャードタイプは、被膜とバックの密着度が弱いためマッサージはほとんど必要ありませんが、表面がつるんとしてなめらかなスムースタイプは必ずマッサージが必要です。

 

とはいえ、スムースタイプは、テクスチャードタイプに比べて、バックの耐久性に優れ、さわり心地も自然という利点があります。

 

医師としっかり相談し、自分にあったバックを選択することが大切です。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.