豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸手術後の傷跡

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸手術後の傷跡

 

短期間で確実にバストアップが出来るという豊胸手術をしたい!と思っている女性は多くいらっしゃると思います。

 

しかし、豊胸手術を受ける上で、豊胸手術の傷跡がどのようになるのか?

 

ということは、気になるのではないでしょうか。

 

豊胸手術と一口で言っても、人工乳腺バッグ挿入法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法など手術の種類は様々です。

 

人工乳腺バッグ挿入法は、シリコンなどの人工乳腺バッグをバストに挿入することでバストアップする方法です。

 

ワキのシワに沿って4〜5センチ程度メスをいれ、そこから人工乳腺バックを挿入します。

 

傷跡は、数ヶ月で気にならない程度まで薄くなるようです。

 

脂肪注入法は、お腹や太ももの余分な肉を吸引し、バストに注入することでバストアップする方法です。

 

脂肪注入法は、脂肪注入専用の注射器で微量ずつ脂肪を注入していきます。

 

細い針で脂肪注入を行うので、手術後の傷跡はほとんど目立たないメリットがあります。

 

ヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸をバストに注入することでバストアップする方法です。

 

他の豊胸手術より価格が安いので、プチ豊胸とも言われています。

 

こちらも、注射器による注入なので、手術後の傷跡はほとんど目立ちません。

 

絶対に傷跡を残したくないという方は、注射器によるバストアップをオススメします。

 

また、医師とのカウンセリングの際に手術後の傷跡の様子もしっかり確認することが大切です。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.