豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

アメリカの豊胸手術

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




アメリカの豊胸手術

 

バストアップをしたいと思う女性の願いは、世界共通のようです。

 

日本での豊胸手術というと、脂肪注入法や乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法などが一般的です。

 

年々、豊胸手術を受ける女性が増えている日本ですが、アメリカも同様のようです。

 

アメリカでは、シリコンや生理食塩バッグが主流だった1997年に豊胸手術を行った女性はおよそ10万人います。

 

2005年、同様の豊胸手術を行った女性は1997年の3倍以上にあたる36万人が豊胸手術を受けています。

 

豊胸手術を受ける女性が増えている一方で、豊胸手術バッグを取り除く手術が2004年に5万件以上行われたという報告もあり、アメリカでも豊胸手術の安全性が問題になっています。

 

豊胸手術を行ったことに満足しているアメリカの方は92%と高く、93%の方は友達や家族に豊胸手術を勧めたいと思っています。

 

アメリカ人は、日本人よりも豊胸手術を身近なものに捉えているような印象を受けます。

 

その理由の1つとしては、アメリカでは13歳から19歳と未成年の女の子でも豊胸手術を受けている方が多くいらっしゃいます。

 

バストの成長時期に、豊胸手術をするという感覚は、日本人にはあまりないのではないでしょうか。

 

10代の未熟ともいえる体に豊胸手術のリスクは大きいようで、10代の女の子が豊胸手術を受けて死亡したというケースもあります。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.