豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸手術の歴史

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸手術の歴史

 

豊胸手術は、1920年頃に欧米で行われたことが始まりだといわれています。

 

当時は、医師だけでなく素人の方によって、手術が行われていたというから驚きです。

 

手術というと体にメスを入れるイメージがありますが、当時の豊胸手術はパラフィンという異物を直接バストに注入するという方法で行われていました。

 

日本でも1950年頃から盛んになりました。

 

豊胸手術は女性にとって大きな希望になりましたが、手術の結果、異物肉芽腫による硬結や皮膚への油性浸潤などの問題が多く、摘出を望む患者も後をたたなかったようです。

 

次に豊胸手術の主流になったのが、脂肪移植でした。

 

お腹や太ももの脂肪を胸に移植するという手術ですが、当時の技術では脂肪が定着せず、乳房の変形などが問題になりました。

 

その後、シリコンを注入するという方法になりましたが、感染症や炎症を引き起こすという事故が多く報告されました。

 

これらの問題を解決しようとゴムで覆われたシリコンにするも、ゴムが発がん性物質を生み出す問題が起き、自然油を使用したシリコンは異臭騒ぎの問題が起きました。

 

安全性を重視して開発されたのが、生理食塩水を注入するという豊胸手術です。

 

しかし、この方法でも硬化現象や感染などが起こり、追加治療や再手術が必要だといわれています。

 

豊胸手術は、こうした様々な試行錯誤を繰り返してきました。

 

現在の主な手術方法は、生理食塩バックや脂肪注入法、シリコンバックの他にも、ハイドロゲルバックやヒアルロン酸注入法などがあります。

 

それぞれの手術は、メリット・デメリットがあります。

 

手術の技術も安全性も日々高くなっているものですが、手術ですので危険性がゼロではないということも、しっかり認識しておきましょう。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.