豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

脂肪注入法はどのくらい定着するの?

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




脂肪注入法はどのくらい定着するの?

 

ウエストや下半身には脂肪があるのに、バストは小さい・・・というお悩みがある女性は多いのではないでしょうか。

 

そんな方にオススメの豊胸手術が、脂肪注入法です。

 

脂肪注入法は、ウエストや太もも、お尻などサイズダウンしたい部分の脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入することでバストアップするという豊胸手術になります。

 

脂肪注入法は、バストアップすることができるだけでなく、気になる部分のサイズダウンをすることが出来るので、理想のプロポーションに近付くことができます。

 

また、豊胸バッグのような異物を挿入するわけではなく、自分の脂肪を注入するので拒絶反応を起こす可能性も低いというメリットもあります。

 

レントゲンに写ることもないので、豊胸手術後も安心してレントゲンを受けることができます。

 

メリットの多い脂肪注入法ですが、もちろんデメリットもあります。

 

痩せている方は、脂肪注入法を受けることができない場合があります。

 

また吸引した脂肪は、すべてバストに生着するわけではありません。

 

脂肪注入法による脂肪の生着率は、30〜40%が生着し、残りは体内に吸収されてなくなってしまうようです。

 

そのため、脂肪注入法でできるバストアップは1〜2カップになります。

 

より生着率をあげる為に、脂肪注入法も進化しています。

 

脂肪幹細胞注入法や血小板注入法を組み合わせ、脂肪の生着率を高めることもできます。

 

脂肪幹細胞注入法とは、お腹などの脂肪から幹細胞を抽出して脂肪細胞と混ぜて注入する豊胸術です。

 

一般的な脂肪注入法よりも生着率が高くなり、バストのボリュームがアップします。

 

また、注入した脂肪は半永久的に残るので再度脂肪を注入する必要がありません。

 

血小板注入法とは、自分の血小板をお腹などの脂肪と一緒にバストに注入する豊胸術です。

 

血小板注入法では、最大10〜20%ほど体内の吸収率を抑えることができるので、脂肪の生着率が高まり、より理想のバストに近づけることが出来ます。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.