豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法

豊胸手術と麻酔

豊胸手術のヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの種類や値段、クリニックの選び方や口コミなど豊胸手術に関する情報をどこよりもわかりやすく解説しています。

豊胸手術をすることなく、安心・安全に
胸を大きくする方法があるのはご存知でしょうか?


自宅である部分をマッサージするだけで、
2カップ以上バストアップすることが出来ます!




豊胸手術と麻酔

 

バストアップの方法の1つとして、豊胸手術があります。

 

豊胸手術の種類としては、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法、人口乳腺バッグ挿入法などがあります。

 

どの豊胸手術も、麻酔が必要になります。

 

麻酔には、局部麻酔と全身麻酔の2つがあります。

 

豊胸手術は、バストだけの手術なので局部麻酔だろうと思う方が多いようです。

 

しかし、実際の豊胸手術は、全身麻酔を行うほうが一般的のようです。

 

麻酔をバスト全体に効かせるためには、何本もの注射をしなければなりません。

 

麻酔の注射自体が痛い・薬の量が多くなってしまうなどの理由により、局部麻酔だと患者への負担がかかりすぎてしまうので、全身麻酔をする病院が多いようです。

 

全身麻酔となると、入院の必要がいる場合があります。

 

最近では、医療技術の進歩により硬膜外麻酔が開発されました。

 

硬膜外麻酔は、無痛分娩などで実施されている麻酔です。

 

硬膜外麻酔は、脳に痛みを伝える神経を麻痺させることで、痛みを感じさせないという方法で、手術中の振動や引っ張られている感じは伝わってきます。

 

また、周りの声も聞くことが出来るので、バッグを挿入した後のサイズや形も確認することができます。

 

麻酔の量も少なく、体への負担もごくわずかという利点もあります。

 

硬膜外麻酔は、豊胸手術に最も適した方法として注目されていますが、まだ実践しているクリニックは多くありません。

 

他にも、静脈麻酔を行うクリニックもあります。

 

静脈麻酔は、完全に意識を失っている間に手術を行うので、痛みや不安なく手術を終えることができます。

 

麻酔の効き目が調整しやすい、副作用が少ないなどの利点があります。

 

どの麻酔も高度な技術を必要とします。

 

心配な方は、麻酔専門の医者がいるクリニックで手術を受けることをオススメいたします。

 


 
Copyright (C) 豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法 All Rights Reserved.