豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法のTOPに戻る


豊胸手術後のマッサージ


豊胸手術後は、マッサージをします。

人工乳腺バックを体内に挿入するためにはバックが入るスペースを作る必要があります。

そのため、大胸筋下または乳腺下の組織を剥離し、バックが入る十分なスペースを確保します。

バックを挿入すると、バックの回りを包み込むようにして、体内で被膜が作られます。

これがカプセルやポケットと呼ばれるものです。

バストを自然な柔らかさに実現させるためには、ゆったりとしたカプセルを形成することが絶対条件です。

よく豊胸手術の失敗例として、カプセル拘縮や被膜拘縮という言葉を聞きませんか?

カプセル拘縮とは、人体が体内に入った異物からの防衛機能のために、異物周辺に被膜を形成します。

被膜は、異物と判断したものに対し、どんどん締め付けて固めようとする働きがあります。

そのため、バストの形が崩れたり固くなってしまうことがあります。

このカプセル拘縮を防ぐために、術後のマッサージが必要です。

人工乳腺バックの種類によって、マッサージの方法や期間は異なります。

人工乳腺バックの表面がざらざらのテクスチャードタイプは、被膜とバックの密着度が弱いためマッサージはほとんど必要ありませんが、表面がつるんとしてなめらかなスムースタイプは必ずマッサージが必要です。

とはいえ、スムースタイプは、テクスチャードタイプに比べて、バックの耐久性に優れ、さわり心地も自然という利点があります。

医師としっかり相談し、自分にあったバックを選択することが大切です。

関連コンテンツ

豊胸手術後の後遺症

豊胸手術は、短期間で確実にバストアップできる方法として人気があります。 とはいえ、どんな手術でも100%安全な手術はありません。 豊胸手術も後遺症のリスクがあります。 豊胸手術の・・・

豊胸手術後のアフターケア

豊胸手術の方法が多様化しており、豊胸手術というとどうしても手術の内容に目がいきがちです。 医師の経歴や自分にあった手術の方法を選ぶことはとても大切ですが、豊胸手術後のアフターケアもとても重要・・・

豊胸手術後のトラブル

豊胸手術は、一昔前に比べると安全性が高くなったといわれています。 しかし、100%安全な手術はありません。 豊胸手術も、100%安全とはいえません。 だからこそ、豊胸手術後のトラ・・・

豊胸手術後の痛み

豊胸手術の技術は、日々進化しています。 最近では、日帰りで豊胸手術が受けられるといったクリニックも多くなりました。 とはいえ、豊胸手術後の痛みはすぐに無くなるというわけではありません。・・・

豊胸手術後の傷跡

短期間で確実にバストアップが出来るという豊胸手術をしたい!と思っている女性は多くいらっしゃると思います。 しかし、豊胸手術を受ける上で、豊胸手術の傷跡がどのようになるのか? ということ・・・

豊胸手術後の過ごし方

一般的な豊胸手術後の過ごし方を紹介します。 豊胸手術後、完全に回復するまでにかかる時間は、約4〜6週間といわれています。 もちろん、年齢や個人差、手術の内容によって変わることもあります・・・