豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法のTOPに戻る


豊胸手術後の傷跡


短期間で確実にバストアップが出来るという豊胸手術をしたい!と思っている女性は多くいらっしゃると思います。

しかし、豊胸手術を受ける上で、豊胸手術の傷跡がどのようになるのか?

ということは、気になるのではないでしょうか。

豊胸手術と一口で言っても、人工乳腺バッグ挿入法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法など手術の種類は様々です。

人工乳腺バッグ挿入法は、シリコンなどの人工乳腺バッグをバストに挿入することでバストアップする方法です。

ワキのシワに沿って4〜5センチ程度メスをいれ、そこから人工乳腺バックを挿入します。

傷跡は、数ヶ月で気にならない程度まで薄くなるようです。

脂肪注入法は、お腹や太ももの余分な肉を吸引し、バストに注入することでバストアップする方法です。

脂肪注入法は、脂肪注入専用の注射器で微量ずつ脂肪を注入していきます。

細い針で脂肪注入を行うので、手術後の傷跡はほとんど目立たないメリットがあります。

ヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸をバストに注入することでバストアップする方法です。

他の豊胸手術より価格が安いので、プチ豊胸とも言われています。

こちらも、注射器による注入なので、手術後の傷跡はほとんど目立ちません。

絶対に傷跡を残したくないという方は、注射器によるバストアップをオススメします。

また、医師とのカウンセリングの際に手術後の傷跡の様子もしっかり確認することが大切です。

傷跡が残らない豊胸術はコチラ

関連コンテンツ

豊胸手術後の後遺症

豊胸手術は、短期間で確実にバストアップできる方法として人気があります。 とはいえ、どんな手術でも100%安全な手術はありません。 豊胸手術も後遺症のリスクがあります。 豊胸手術の・・・

豊胸手術後のアフターケア

豊胸手術の方法が多様化しており、豊胸手術というとどうしても手術の内容に目がいきがちです。 医師の経歴や自分にあった手術の方法を選ぶことはとても大切ですが、豊胸手術後のアフターケアもとても重要・・・

豊胸手術後のトラブル

豊胸手術は、一昔前に比べると安全性が高くなったといわれています。 しかし、100%安全な手術はありません。 豊胸手術も、100%安全とはいえません。 だからこそ、豊胸手術後のトラ・・・

豊胸手術後のマッサージ

豊胸手術後は、マッサージをします。 人工乳腺バックを体内に挿入するためにはバックが入るスペースを作る必要があります。 そのため、大胸筋下または乳腺下の組織を剥離し、バックが入る十分なス・・・

豊胸手術後の痛み

豊胸手術の技術は、日々進化しています。 最近では、日帰りで豊胸手術が受けられるといったクリニックも多くなりました。 とはいえ、豊胸手術後の痛みはすぐに無くなるというわけではありません。・・・

豊胸手術後の過ごし方

一般的な豊胸手術後の過ごし方を紹介します。 豊胸手術後、完全に回復するまでにかかる時間は、約4〜6週間といわれています。 もちろん、年齢や個人差、手術の内容によって変わることもあります・・・