豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法のTOPに戻る


乳腺下法


豊胸手術は、主に人工乳腺バック挿入法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法などの種類があります。

昔からある豊胸手術の方法は、人工乳腺バック挿入法です。

人工乳腺バックのサイズや形を選ぶことで、自分の理想とするバストにより近いバストになることが出来ると人気の豊胸手術になります。

乳腺下法は、乳腺の下の部分にバックを入れることを言います。

乳腺下法は、もともと乳腺や脂肪組織がある方に適しています。

例えば、授乳後にバストが小さくなった方のバストアップやバスト全体のリフト効果が高いので垂れ気味のバストを持ち上げたいという方にオススメです。

乳腺を傷つけずにバッグを挿入するので、赤ちゃんが出た時に授乳する際も問題ありません。

浅い部分にバックが入っている状態なので、術後の痛みや腫れが少ないということや柔らかく自然なバストになり、横になった時のバストの流れが自然なことがメリットです。

デメリットとしては、手術経験の少ない医師の場合は、乳腺を傷つけてしまう恐れがあるので、今後出産の予定がある方は十分注意するべきでしょう。

また、触ると人工乳腺バックの感触だと分かってしまう場合もあります。

バストが硬くなる被膜硬縮を起こした場合も、乳房の表面に硬縮した形が出やすく、乳房が変形したり硬くなることがあります。

乳腺下法のほかに、大胸筋下法があります。

人口乳腺バックを皮膚の下ではなく、胸の筋肉の下に挿入します。

乳腺に触れない安全な方法で、バストが小さい方に適していていますが、痛みや腫れが大きくバストの動きが制限されるといったデメリットもあります。

関連コンテンツ

大胸筋下法とは?

豊胸手術というと人工乳腺バック挿入法が、1番ポピュラーではないでしょうか。 脂肪注入法やヒアルロン酸注入法など新しい豊胸手術もありますが、人工乳腺バック挿入法も人気の高い豊胸手術です。 ・・・