豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法のTOPに戻る


大胸筋下法とは?


豊胸手術というと人工乳腺バック挿入法が、1番ポピュラーではないでしょうか。

脂肪注入法やヒアルロン酸注入法など新しい豊胸手術もありますが、人工乳腺バック挿入法も人気の高い豊胸手術です。

人工乳腺バック挿入法は、人工乳腺バックをバストに挿入しバストアップすることができます。

人工乳腺バックは、サイズや形などを選択することができ、自分の理想とするバストにすることが出来るという魅力があります。

また、人工乳腺バックをバストのどの部分に入れるかということも、手術後のバストの感触や形に影響をします。

人工乳腺バックは、乳腺の下の部分にバックを入れる「乳腺下法」と大胸筋の下の部分にバックを入れる「大胸筋下法」があります。

大胸筋下法は、乳腺に触れないため安全な方法と言われ、バストの小さい方や痩せ型の体型の方に適しています。

大胸筋の下に入れるのでバックと皮膚の間に厚みがあり、皮膚の上からバックの輪郭が浮き出るということがなく、自然なさわり心地という利点があります。

大胸筋下法は繊細なテクニックを用いるため、医師の高度な技術を必要とします。

また、乳腺下法に比べて、痛みがかなりひどいという欠点もあります。

それぞれの利点と欠点を理解し、自分の胸と大きさや形にあった手術方法を医師としっかり相談し、決めることが大切なポイントになります。

関連コンテンツ

乳腺下法

豊胸手術は、主に人工乳腺バック挿入法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法などの種類があります。 昔からある豊胸手術の方法は、人工乳腺バック挿入法です。 人工乳腺バックのサイズや形を選ぶこと・・・