豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法のTOPに戻る


ヒアルロン酸(SUB−Q)注入法


豊胸手術の種類は、大きく分けて人口乳腺バッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3つがあります。

その中でも、ヒアルロン酸注入法は、プチ豊胸と呼ばれていて身近に感じている方も多いのではないでしょうか。

ヒアルロン酸注入法は、メスによる切開が一切なく、注射器でヒアルロン酸を注入するため体への負担が非常に軽く、また他の豊胸手術よりも価格が安いということで、プチ豊胸と呼ばれているようです。

人口乳腺バッグ注入法はバッグがレントゲンに写ったり、バストが異物と認識し硬くなってしまうなどの副作用があるようです。

また、脂肪注入法は脂肪がバストに定着せず、バストの形が崩れてしまうという失敗例が報告されています。

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在されているため、こうした副作用や失敗例の報告が少ないということもヒアルロン酸注入法の魅力の1つです。

メリットが多いヒアルロン酸注入法ですが、ヒアルロン酸注入法にもデメリットはあります。

代表的なデメリットとしては、ヒアルロン酸は体内で吸収されてしまうので、バストが小さくなってしまったら、また手術を受けなくては効果を持続できないということです。

医療技術の発達により、ヒアルロン酸の粒子を大きくすることで、体内に吸収させる時間を1年から2年延ばすことも可能になっています。

関連コンテンツ

脂肪注入法

豊胸手術というと、シリコンバッグなどの人口乳腺バッグをバストに挿入するイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。 人口乳腺バッグ挿入法は、異物を挿入するのでバストが拒絶反応を起こして・・・

プロテーゼ挿入(インプラント)法

短期間で確実にバストアップが出来るという豊胸手術は、人気のバストアップ法です。 豊胸手術といっても、様々な種類があり迷ってしまいます。 最近、豊胸手術でもっともメジャーになっているのが・・・