豊胸バストアップの専門サイト|豊胸手術で失敗しない方法のTOPに戻る


脂肪注入法


豊胸手術というと、シリコンバッグなどの人口乳腺バッグをバストに挿入するイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。

人口乳腺バッグ挿入法は、異物を挿入するのでバストが拒絶反応を起こして硬くなったり、レントゲンに移るので豊胸手術をしたことがばれてしまうなどのデメリットがあります。

人口乳腺バッグ挿入法のほかに、脂肪注入法というやり方もあります。

脂肪注入法は、自分のお腹やお尻などの脂肪を吸引し、バストに注入するというものです。

余分な脂肪を取り、バストアップするので、理想のプロポーションが実現できると、話題になっている豊胸手術です。

脂肪注入法では、自分の脂肪を注入するので安全性が高く、レントゲンに写るということもありません。

また、脂肪は注射で注入するため、傷跡はほとんど残りません。

まれに、シコリが出来る場合がありますが、アフターフォローで解消でき、人口乳腺バッグより体の負担も軽減できるそうです。

しかし、脂肪注入法でも脂肪がバストに定着せず、不自然な形になったという失敗例も多く報告されていることも事実です。

最近では、脂肪注入法のなかにも「脂肪幹細胞注入法」という最新の豊胸手術があります。

脂肪幹細胞注入法は、吸引した脂肪の中でも幹細胞という特殊な細胞を注入することで、脂肪の生着率をアップさせることができます。

シコリができにくく、柔らかいバストになると今、1番人気の豊胸手術です。

脂肪幹細胞注入法豊胸術で美しいバストを手に入れませんか?

関連コンテンツ

ヒアルロン酸(SUB−Q)注入法

豊胸手術の種類は、大きく分けて人口乳腺バッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3つがあります。 その中でも、ヒアルロン酸注入法は、プチ豊胸と呼ばれていて身近に感じている方も多いのではな・・・

プロテーゼ挿入(インプラント)法

短期間で確実にバストアップが出来るという豊胸手術は、人気のバストアップ法です。 豊胸手術といっても、様々な種類があり迷ってしまいます。 最近、豊胸手術でもっともメジャーになっているのが・・・